眠れない夜のための羊毛と閑話

悪徳羊毛作家・フェルト侍のブログです。大っぴらにはできない話を小声で叫ぶためにwebに掘った暗い穴。麦が生えなきゃいいんですが。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「私とフェルト、どっちが大事?」~後篇

~前回までのあらすじ~

手先は器用でも、恋愛に関しては不器用なフェルト侍。
付き合っていた人にも、とうとう別れ話を切り出され…?

(「私とフェルト、どっちが大事?」前篇コチラ→★)

この話はフィクションであり、実在の人物・団体等には
一部しか関係しません。


・・・


11月の良く晴れた朝、
狭いアパートの一室で、小さな窓を背に座り、Pさんは話し始めました。

「私が初生雛鑑別師の資格を持ってること、知ってるよね…
 師匠に当たる人が、いまスウェーデンに住んでるんだ…
 手伝ってほしいって言われてる…」

「…そうなんだ…」

Pさんの細いあごが逆光に照らされています。
少し震えているように見えます。




「あのさPさん…」

「何?」

「…あの、普通こういうシチュエーションだと、
 パリとか、ニューヨークとかじゃないの?留学とかだよね?
 なんでヒヨコの鑑定士でスェーデンなの?」

「だってそれじゃ当たり前すぎて面白くないじゃん。
 インパクトは大切でしょ、何事にも。」

…何も別れ話でインパクトやウケを狙わなくても。

戸惑いを覚えつつも、それが大阪市出身のPさんの魂の奥底に眠る
関西人の哀しいサガなのかとも思います。




それとも、
さもネタのように話を振るのは、Pさんの精一杯の虚勢なのでしょうか。




最初に会った時から、目に強い意志を感じる人でした。
自分より年下なのに、どうしても「さん」付で呼んでしまう凛とした気迫のようなものが、
この人の裡には感じられました。




「そうだったんだ…
 …Pさんなら、やっていけるよ、頑張って」

やっとのことでそう声を絞り出すと、
Pさんは少し黙って、窓の外に目をやりました。

「あなたならそういうと思ってた…」

どこか遠くの雑木林で、ヒヨドリが啼き散らしています。
何かを必死で追い払っているような、切ない鳴き声。




「あなたが仕事そっちのけで、羊毛に夢中になってるのを見て、
 私も今しかできないことをやろうって…そう思ったんだよ。

 …決意させてくれたあなたには、お礼を言わなきゃいけないかな?」

にっこりと笑顔を向けて立ち上がると、机の上に手を伸ばしました。

カチャリ。

「部屋の鍵、置いていくね。」

「あ、うん…」




「じゃあガンバロウね…お互い。」

玄関に向かって歩き出すPさんを後ろから送ろうとすると、

「最後に聞いていい?」
Pさんは前を向いたまま自分に尋ねます。




「羊毛フェルトで、人を見守りたいってよく言ってたよね…
 
 人を慰めたり、応援したりできるような作品を作りたいって…

 …それって、作品の中だけの事なの・・・?」




一瞬、呼吸ができなくなった気がしました。

酸素を求めて浮かぶ魚のように、口だけが開いたまま固まっています。



「…じゃ、行くね」

答えを待たずに、突然の来訪者は、来た時と同様に突然去っていきました。

振り返りもしませんでした。




Pさんは泣いていたのでしょうか。

いいえ、あの人が泣いたりなんかしません。

いつだったか、自分がフェルトを刺していると横から針を奪い、
私もやってみると羊毛を刺し始めた途端、思い切り指を刺したことがありました。

しかも針が折れて、欠片が皮膚の中に入ってしまって
自分が必死で毛抜きで抜いてあげたのですが

その間も涙ひとつ見せなかった、気丈な人なんです。

今回の事だって、泣くようなことでもなんでもないに決まっているんです。




自分はただぼんやりと部屋の真ん中に突っ立ていました。

机の上には、置いて行かれた部屋の鍵。
キーホルダー代わりに、小鳥のストラップが付いています。

去年の誕生日に、フェルトを初めて間もないころ
プレゼントした小さな青い鳥。




手に取ると、羽根の先がずいぶんボロボロになっていました。

「…いつの間にか、こんなに傷んでたんだ…」

誰に言うともなく口にして、作業台に座ります。

羽根の先と、嘴も少し直してやろう。




また静寂を取り戻した小さな部屋で、
早くも午後の色に変わり始めた日差しを受けながら

自分はゆっくりとニードルを動かし始めました。

019_convert_20111129021441.jpg

                 <つづく>

またこんなモノを書いて…
苦笑クリックお願いします
  1. 2011/11/29(火) 00:37:19|
  2. フィクションです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「私とフェルト、どっちが大切なの?!」前篇

この物語はフィクションであり、実在の人物・団体等には
一部しか関係ありません。


・・・・

羊毛フェルトを手がける人々
その作業が最もはかどるのは、一日のうちいつ頃でしょうか。

日中の家事を終わらせ、
子供たちが寝静まった深夜でしょうか。




自分は特に時間は決めていませんが
眠れない夜や夜中に目覚めてしまった時、
そのまま布団を離れてフェルトへ向かうことが良くあります。

静まり返った部屋で一人、
フェルトに向かってニードルを刺しつづけていると

昼間にあった嫌な事や
ささくれ立っていた気持ちが、一針一針フェルトに吸い込まれていくようです…

サクサクサク…




その日も、
眠らないまま迎えた数々の朝のうちのひとつになると思っていました。




まだ夜が明けぬ暗い中、
目を覚ました自分は
枕元の時計をみて舌打ちします

「まだ4時だよ…」
どうせもう寝つけないことは分かっています。

四畳半の小さな部屋。

隅に置かれた細長い木のテーブルが
自分の作業台です。




こんな時は羊毛フェルト。

どうせ明日は休みだし
オレンジ色の羊毛に手を伸ばし
兎のパーツ作りを始めました。

サクサクサク・・・




不眠症も時にはいいものです。
だんだんとネザーランドドワーフが姿を表し
「さて、顔も作っちゃうかな?」と軽く伸びをしたところで
玄関の扉を4回、叩く音がしました。

「起きてるんでしょ?入るよ?」





…Pさんだ。



「…こんな時間にどうしたの?」

ジャージについた羊毛を払って、
慌てて立ち上がります。
立ち上がった瞬間、膝がつってアイテってなるのはもう若くない証拠か。

Pさんは自分で鍵を開け、そのまま部屋に入ってきました。
「いきなり来て悪かった?もうお昼近いよ!」




来訪者はそのまま部屋を突っ切って、
畳の部屋には不釣り合いな、重厚な柄の遮光カーテンを
ジャッと勢いよく開けました。

初冬のまぶしい日差しが、一瞬で部屋の空気を変えてしまいます。

Pさんの白いシャツが、睡眠不足の目に痛いほどです。




「また、一晩中フェルトやってたの?」

Pさんは今更驚くこともないか、とでも言うふうに机に目をやりました。

「一晩中ってわけではないけど…」
床の上に散らばった資料やら羊毛やらを慌てて傍によせ
急遽、一人座れる分のスペースをこしらえますが

今度は流しの方へ向かい、
単身者用の冷蔵庫を開けて、シブい顔をしました。
「も~、また食べてない!」

冷蔵庫の中には
おととい差し入れてくれた
お手製のロールキャベツだかハンバーグだかの
タッパーが入っている筈です。

「ご、ゴメン、いや今日食べようと思ってたんだよホント」

バツとしてまたディズニーシー付き合えとか言われたらかなわないな…
そんなことをチラリと思ったりします。




Pさんは畳の上にぺたりと腰を下ろすと
こちらを見て、少し淋しそうに笑いました。

「…そうやって、フェルトをやり始めたら夢中になっちゃうとこ、
 好きだったな…」




…なぜ過去形?と思うのと、
来るべきものがついに来た、と唾を呑み込んだのはどちらが早かったでしょうか。





Pさんは棚からハミ出た羊毛を撫ぜながら、
低い声で言いました。

「おととい言えなかったけど…
 …スウェーデンに行くことにした…多分、住むことになると思う」  

                  013_convert_20111119191055.jpg
                        <つづく>


羊毛そっちのけでナニを書いてるんだ!
と思われた方は拍手★(何故?)
  1. 2011/11/19(土) 19:16:22|
  2. フィクションです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「羊毛フェルトで、食っていけるんか?」

※このドラマはフィクションであり、実在の人物・団体等には一部しか関係ありません 



ある地方都市の、夕暮れ時。
仕事を終えたサラリーマンたちが、
昼間の憂さを晴らしに繁華街に集まってきます。

昔ながらの縄のれんの、おでんのうまい居酒屋。

ごった返す店内の長いカウンターの隅に、
自分は職場の先輩と二人で腰かけています。
「は~い、ビールとおでん盛り合わせ二人前ね!」
威勢のいい店員さんがジョッキと熱い器を運んできました。




軽く乾杯してビールを干した後、
手酌で二杯目を注ぎながら先輩が口を開きます。

「お前とここ来るのも久しぶりやな…
 で、どないやブログの方は?」

この先輩は顔こそ鬼瓦みたいですが、
熱い情の持ち主で、ブログ開設の折にもさりげなく助言してくれたりしました。




「ええ、ブログって楽しいですね。最初は緊張しましたけど、
あったこともない人が作品を見てくれて、励ましのコメントやアドバイスくれる人もいて、
感激しましたよ!」

先輩はニヤニヤしながら軽く小突いてきます。

「そうか~、お前みたいなモテキの無い奴、
優しくされて舞あがっとんのやろ。 
まあ趣味もええけど、本業ももっと本腰入れなあかんぞ。
今月、売上げ落としてるやろ?」

「はあ…、実は 羊毛フェルトをもう少し本格的にやりたくて。
 ネットショップを立ち上げるつもりなんですよ。」

すじコンニャクを頬張っていた先輩の口元が一瞬止まりました。 

自分の頭の中でグルグルしていた考えが、聞き手を得、言葉になって溢れてきます。





「あの、前から考えていたんですけど、趣味で身を立てるって無理なんでしょうか?
 
  羊毛フェルトって、一般にはまだまだ知られていないと思うんです。
 今の時代、癒し・手触り・家庭回帰が大きなトレンドになってますよね?
 こんな時だからこそ、世界に一つしかない手作り品の良さをアピールしたいんです。
 ほんとに少しづつですけど、自分の作品を買ってくれる人も出てきて…
 今は仕事の合間にしかできないけど、ゆくゆくはフェルトだけで食っていけないかなって」
 
「お前・・・なに寝言ゆうとんのや」

先輩はこちらに向き直りました。顔からニヤニヤ笑いは消えています。




「お前なあ、ちょっと仕事がしんどいからゆうて、現実逃避しとるんとちがうんか。
  趣味で食っていきたい?誰もがそう思うとるんや。」
 
「しかし、個人が羊毛フェルトで収入を得ることは可能です!
 ヤフオクで売るのはもちろん、委託販売とか、カルチャーセンターの講師とか…、
 キット販売や著作販売になれば収入額も大きいですし!」

思わずむきになって反論する自分のグラスに、
先輩はビールを注ぎました。

「あほ…俺が羊毛フェルトの事を何も知らんと思っとるんか?」

「え…」


「確かに、今の日本のトレンドは、“癒し”“手触り”“家庭回帰”や。
 特に3.11以降、人との絆を重要視するようになったな。
 お前のやっとる、一人一人に心を込めて手作り品を届けるっちゅうんは
 今後の流通の中で重要なキーワードや。
 しかも羊毛フェルトは、可塑性が高い上コストも安いから、素人でも参入し易い。
 天然素材やから、消費者の安全・安心嗜好にも合致しとる。
 これからもっと伸びるマーケットかもしれん。」

「先輩、だったら…!」

「…せやけど、それで食っていくゆうんはまた別や。
 羊毛フェルトやってて、家族養えるか?
 だいたいお前、〇〇ちゃんはどうするねん。」

「そんな…〇〇は関係ないですよ…」


「そうゆう考えが、お前はガキやねん!」
先輩はすじコンニャクの串を指揮棒のように振りました。

「ええか、趣味ゆうんは、あくまで趣味や。
 一体どれだけの人間が、趣味で食っていけるねん?
 そら中にはめっちゃ稼ぐやつもおるやろ。
 でもそれは“運と才能”や。
 
 冷静に考えて、羊毛フェルトがなんぼほどのカネになる?
 おまえが一所懸命チクチクやって、それでなんぼやねん?

 それで得られるカネと、今の月給比較してみろや。

 …みんななあ、血ィ吐きながら毎日働いとるんや。
 現実を見なあかんで!現実を。」




うつむいたままの自分の肩をポンとたたくと、
「ま、来月はがんばろうや!」と言い残して先輩は伝票を手に出て行きました。

目の前には、おでんが手つかずのまま、すっかり冷めています。

何も言い返せなかった事が口惜しくて
自分はただ、奥歯を噛みしめていました。


004_convert_20111020234815.jpg


~つづく

続きが読みたい方は
ここをクリック!
↓↓↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ

  1. 2011/10/20(木) 23:53:23|
  2. フィクションです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ

プロフィール

フェルト侍

Author:フェルト侍
・・・ 
羊毛フェルト動物人形制作・
samuraifelt.japan主催者。
結構まともなものを作ってます。でも高い。作品と価格はiichiで公開中。
→★コチラ★

渾身の記事ラインナップ

最新コメント

カテゴリ

作品を売る (54)
手作り品販売サイト一覧 (3)
フィクションです (8)
ブログ (69)
アカネコさん (1)
イカル (1)
インテリア (1)
インコ (3)
ウソ (7)
エナガ (19)
オナガ (1)
キビタキ (3)
コサメビタキ (1)
コマドリ (1)
サムライラビット (2)
シジュウカラ (2)
シメ (1)
ストラップ (5)
ジョウビタキ (2)
セキセイインコ (4)
セグロセキレイ (2)
センダイムシクイ (7)
ネザーランドドワーフ (53)
ハクセキレイ (2)
ハハジマメグロ (6)
プリティ-ピンクちゃん (1)
文鳥 (10)
モズ (1)
メジロ (4)
ヤマガラ (3)
ルリビタキ (12)
Ⅹ’masバード (5)
Ⅹ'masうさぎ (11)
未分類 (1)
にしこくん (1)
パンダ (1)
オオルリ (2)
迷走・暴走系 (2)
身辺雑記 (12)

アマゾンはこちらから

株価ボード(β)

探しています

うさぎのS君のオーダーを依頼されたN様へ こちらのメールアドレスを変更したためか、メールが届かないようです。 お手数ですが、ブログに鍵コメントで結構ですのでご連絡おまちしています

思う存分リンクされるがよい

当ブログはリンクフリー、著作権フリーです。ええ、フリーなんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

AD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。