眠れない夜のための羊毛と閑話

悪徳羊毛作家・フェルト侍のブログです。大っぴらにはできない話を小声で叫ぶためにwebに掘った暗い穴。麦が生えなきゃいいんですが。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

羊毛フェルトのルリビタキ・制作のポイント(自分の場合)

皆様こんばんは、
昨日は揺れで目覚めた関西在住の羊毛作家、フェルト侍です。




そんなわけで今日はサカナクションのこの曲をBGMにお送りします。


淡い日に僕らは揺れた/ただ揺れた/そういう気になって
思い出のように降り落ちた/ただ振り落ちた/そう雪になって




まぁ
こう天変地異だとか異常気象が頻発する時代に生きていると
嫌が上でも
覚悟のようなものが備わってきてしまいますね。




タラタラとアホブログを綴っては
テキトーに日々をしのいでいますが

今のうちに
自分の伝えられることを残しておきたい…残しておくんだってばよ!
というような、妙な気持になってくるのでした。



とはいえ
自分の残せるものなんて、大した遺伝子があるじゃなし

伝えられるとすれば、いささかばかりの
「バードフェルティング」のノウハウくらいかなと。




今後、「フェルトで本物そっくりの野鳥を作ってみるのも面白そうかも~☆」

と感じた方にほんの垢ほどでも参考になればと思い、
おこがましいですが
自分なりの野鳥制作のポイントなど書いていきたいと思います。




こちらはフェルト侍のアイコン的作品、
「ルリビタキ・つがい」。
RIMG3047.jpg

文字通り、瑠璃色に輝くブルーが大変美しい、
フィールドでも人気の野鳥です。

雌は尻尾の方にだけ、同じ瑠璃色が入っていて、
さりげにペアルックかよ!と突っ込みたくなる愛らしさです。

RIMG3028.jpg




で、皆さんもご経験がおありだと思うんですけど、

光が当たると、色ってまったく違って見えちゃいますよね?

「美容院でのカラーリング、“ローラみたいな色で♪”と頼んだはずが、
 一歩外に出れば樹木希林ばりのプラチナブロンドになっていた」

…みたいな。
(いやそれはないか)




光の当たり具合によって変わるブルーの色調を、出来る限り再現する。
これがルリビタキ制作のポイントだと考えました。

そこで、トーンの違う青い羊毛を3種、
混ぜ合わせながら部位によって刺しわけることにしたのです。



使用羊毛は

染take 蒼穹
染take トルコ玉
ハマナカ №4 


刺してる途中でワケわかんなくなることの無いよう、
あらかじめ色彩計画仕様書のようなものをザッと書いておきます。

大層に聞こえますが実際はこんなテキトーです。
RIMG3058.jpg
拡大されると恥ずかしいくらいおおざっぱです。



他の野鳥でも、制作前にいちおう
こういった色やサイズをメモに残しておくのって大事ですよね。

次に同じものを作ろうとして、けっこう忘れちゃってたりしますし…




…って、こんな事、皆さんすでにやってます?よね?
そっ…そうですよね…(汗。




またあらためて、
お役に立つような制作ポイントをお伝えしたいと思いますので
よかったらご質問などお寄せくださいまし。





ちなみに、今回紹介した「ルリビタキ・つがい」は
5月1日のMother's Day プロモーションで販売する予定です。

価格は前回と同じに抑えたいと思いますので、
買い逃された方、どうぞご検討下さいます様。

詳しくはiichi・samuraifeltのショップをご覧ください→★


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
↑管理の便宜上はっ付けているだけですので、
ポチとかする必要はないですよー
↓こっちは正直ちょっと嬉しいです

  1. 2013/04/14(日) 14:58:12|
  2. ルリビタキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ルリビタキにポーズを取らせて撮影してみた


皆様こんばんは、
facebookに翻弄される羊毛作家、フェルト侍です。



ソーシャルプラグインってやつが、何回やってもうまくいきません。
昨日からかかりっきりです…情けない。

日常業務に支障をきたしても良くないので
ちょっとfbは脇に置くことにします。

気軽に尋ねられるようなウォーミィな人間関係を
構築してこなかった我が半生が悔やまれますがしょうがない。



うちの野鳥たちをカッコ良く宣伝したかったんだけどなぁ…。

せいぜいブログで小地味にアピる事としよう。

では新作「ルリビタキ」をご覧ください。

RIMG2885.jpgルリビタキをつがいで作るのも、
多分5回目か6回目だと思うのですが
初期と比べてだいぶ洗練されてきたように思います(自画自賛Yeah)。
RIMG2888.jpg
初期モデルは全体的にしっかり刺して固めてましたが
このところ「ほわほわ仕上げ」を意識しております。

おなか、おしりのあたりは特にほわほわですぜ。
RIMG2892.jpg本物のヒタキよりやや大きめに作ってあります。
ディスプレイ映えするのはもちろん、
掌で愛でるのにちょうどいいサイズかと。



で、販売予定価格は¥18,900です。
ええ、けして安くはないですが、一点ものですので…。
ディスプレイ用マットも付いてます(yeah)。



「ちょっといいかも…?」と思われた方は
1月31日(木)の夜、
"手仕事のギャラリー&マーケット iichi→★"
覗いてみて下さい。

2月1日へ日付が変わると同時の販売になります。



ルリビタキ好きの方、どうぞお買い逃しなく!!


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
  1. 2013/01/28(月) 19:56:47|
  2. ルリビタキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

羊毛フェルトでルリビタキのつがいを作ってみた

今宵も辺鄙なブログにわざわざお越しくださり有難うございます。

羊毛で作るバード・フェルティング
提唱者のフェルト侍です。




初めてご訪問いただきました方、お初にお目にかかります。

バードフェルティングとは

羊の毛を針で刺し固め、
鳥さんを作って愛でるクラフトです。




自分はそのバードフェルティング作品を売り
身を立てなんとする者です。

ゆくゆくは、この新しいクラフトが
世界に広がることを一人ムラムラと妄想しています。




少し興味をお持ちいただけましたでしょうか?

それではできあがったばかりの
「ルリビタキ つがい(税込¥18,900)」をご覧ください。

RIMG2868.jpg

RIMG2871.jpg

RIMG2863.jpg

RIMG2859.jpg如何でしょう。
バードフェルティングって、手触りがとってもほわほわなんです。

「野鳥を掌に抱きたい!」
そんなあなたの夢を叶えるハンドクラフトなんですよ・・・



サイズは全長15センチと、実物より一回り大きめに作ってあります。
卓上にディスプレイする際に映えるサイズ感です。

実際、お買い上げいただいた方の中には
お店の飾りとして使いたい、という方がいらっしゃいました。

今回、さらにディスプレイ映えするように、野原風マットも付けています。




他の鳥も見てみたい、と思われた方は
iichi・samurai feltのショップ→★へどうぞ。




なおこちらのルリビタキの販売は、
2月1日(金)午前0時よりの予定です。

他にも販売予定の鳥さんたちを漸次紹介してまいりますので、
興味を持っていただいた方、
ぜっひっとっも またのお越しをお待ちしております。




にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


  1. 2013/01/25(金) 19:27:06|
  2. ルリビタキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作品の販売開始日が決定しました

皆様こんばんは、
さすらいの羊毛作家、フェルト侍です。

以前チラッとお話した長期出張、延期になりました。

上のほうが、今は色々と難しいと判断したみたいです・・・。




そんなわけで

かねてからの予定通り、
新作発表&即売会を催行することにしました。





「第四回・フェルト侍 collection☆」
日時: 2013年2月1日 午前零時スタート
場所: 手仕事のギャラリー&マーケット iichi にて

    http://www.iichi.com/shop/E5927776
    
    iichiは他にもスゴイ作家さん多数!
    いいものはすぐにsoldoutとなってしまうので
    ふと見かけた折に、即買い!できるよう、
    先に会員登録だけでもしておかれることをお薦めします。
           (また、まわしもの的発言ですね・・・)



【作品ラインナップ】
写真はクリックで拡大します。

★ハクセキレイ★
RIMG2848_20130124174101.jpg 全長約19㎝ ほぼ実物大サイズ 販売予定価格¥8,700

★コサメビタキ★
RIMG2843.jpg 全長約13㎝ ほぼ実物大サイズ 販売予定価格¥9,200

★ルリビタキ つがい★
RIMG2868.jpg 全長約15㎝ 実物より一回り大きめサイズ ディスプレイ用マット付き 販売予定価格¥18,900


以上、厳選3点です。

少ない数ではありますが、
一羽一羽のクオリティーは高くなったと思います!



それぞれの鳥達の魅力は改めてじっくりお伝えするとして

まずは取り急ぎ、
発売日決定のお知らせでした。




繰り返します



「第四回・フェルト侍collection」
2月1日(金)午前0時より!


購入希望の方は31日の木曜日の晩、
いつものようにpcの前でスタンバってくださいね!

日付が変わると同時に、お会いしましょう!!

RIMG2869.jpg「待ってるよ・・・」



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村
  1. 2013/01/24(木) 19:00:00|
  2. ルリビタキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「女子ウケ」№1の野鳥とは?

羊毛製の鳥フィギュア、「バードフェルティング」で生計を立てなんとしております、フェルト侍です。

2011年の9月に販売を始めて以来、
かれこれ30羽ほど、お買い上げ戴きましたでしょうか。

今まで作った種類は、右のカテゴリーにあるとおりですが、
野鳥からインコ、文鳥様を手がけて参りました中で
一番人気が高かったのはどの鳥か、振り返ってみたいと思います。



いかんせん、サンプル数が少なすぎるので
トータルで何ポイント、などとヒット曲のカウントのようには参りませんが・・・それでも発表します、

デレデレデレデレ・・・(太鼓ですよ)

堂々の第一位は!!
RIMG2575.jpg
ルリビタキです!

今までに作った回数が4回。他の鳥に比べて最多なのです。
こちらは生まれたばかりの新作です。

うち2回は、iichiで販売。当時はメスとつがいで9800円にしていました。
(今思うと、採算を考えていない値段でした)

画像をアップしたとたん、買いたいとおっしゃる方が現れ、
ネット販売をおっかなびっくり始めたばかりの自分は嬉しくて嬉しくて・・・
ルリビタキ達と抱き合って泣いたものです。

ルリビタキはいつも、雄雌つがいで作ります。
メスは尻尾の部分に、オスと同じ
眼の覚めるようなコバルトブルーが入っています。
RIMG2579.jpg
このブルーは羊毛を2色使って、
微妙なグラデーションになるように苦心して仕上げました。
さして野鳥をご存知ない方でも、
絵本のようにファンタジックな青い小鳥として喜んでいただいているようです。

これからバードフェルティングを始めたいという方は、
一作目はルリビタキのオスをお薦めします。
RIMG2578.jpg
ペアで並べると本当に可愛い。
it-4f424e681f184-640.jpg
これは前作のルリビタキ達。
素晴らしいオーナー様のもとへ飛び立ってゆきました。




お恥ずかしい話ですが、
ご覧の通り、前作と全く同じようには作れません。

作る都度、鳥たちは違う表情をしています。
おそらく彼らにはそれぞれの性格があり、それぞれの物語があるのだと思われます。

彼らがこの世に生まれ出る手伝いをする。
それが自分のような作り手の役目なのかと思ったりします。

生まれたばかりの彼らを、どうぞあなたのおうちに迎えてやってください。




興味をもたれた方は
12月1日の
「あたらしい手仕事のギャラリー&マーケット
 iichi 」にて新作を発売いたします。リンクしています→★
ご覧いただけましたら幸いです。

          2012年11月26日 フェルト侍 拝

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
  1. 2012/11/26(月) 18:38:45|
  2. ルリビタキ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

フェルト侍

Author:フェルト侍
・・・ 
羊毛フェルト動物人形制作・
samuraifelt.japan主催者。
結構まともなものを作ってます。でも高い。作品と価格はiichiで公開中。
→★コチラ★

渾身の記事ラインナップ

最新コメント

カテゴリ

作品を売る (54)
手作り品販売サイト一覧 (3)
フィクションです (8)
ブログ (69)
アカネコさん (1)
イカル (1)
インテリア (1)
インコ (3)
ウソ (7)
エナガ (19)
オナガ (1)
キビタキ (3)
コサメビタキ (1)
コマドリ (1)
サムライラビット (2)
シジュウカラ (2)
シメ (1)
ストラップ (5)
ジョウビタキ (2)
セキセイインコ (4)
セグロセキレイ (2)
センダイムシクイ (7)
ネザーランドドワーフ (53)
ハクセキレイ (2)
ハハジマメグロ (6)
プリティ-ピンクちゃん (1)
文鳥 (10)
モズ (1)
メジロ (4)
ヤマガラ (3)
ルリビタキ (12)
Ⅹ’masバード (5)
Ⅹ'masうさぎ (11)
未分類 (1)
にしこくん (1)
パンダ (1)
オオルリ (2)
迷走・暴走系 (2)
身辺雑記 (12)

アマゾンはこちらから

株価ボード(β)

探しています

うさぎのS君のオーダーを依頼されたN様へ こちらのメールアドレスを変更したためか、メールが届かないようです。 お手数ですが、ブログに鍵コメントで結構ですのでご連絡おまちしています

思う存分リンクされるがよい

当ブログはリンクフリー、著作権フリーです。ええ、フリーなんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

AD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。