眠れない夜のための羊毛と閑話

悪徳羊毛作家・フェルト侍のブログです。大っぴらにはできない話を小声で叫ぶためにwebに掘った暗い穴。麦が生えなきゃいいんですが。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マスコット作家になれない、残念な人の3つの理由~後篇

(前篇からの続き)

・・・・

自分のこれまでの作品展開からは意外なことに
ストラップを出品しています。

今まで、リアル系~実物サイズを目標に制作してきましたので

なぜいきなりストラップなのか?

そのいきさつを書きたいと思います
(ちょっと愚痴っぽいかも?興味の無い方はスルーしてくださいます様)





話は一週間前に戻ります。

知り合いの女の子が
「カフェの一日店長をするから、フェルトの作品も置いてみる?」
と声をかけてくれました。

一日だけ、あるいは週に決まった曜日に 店長業ができるカフェというのが
京阪神にはいくつかあって、
カフェをやってみたい人に貸してくれるそうなのです。



場所は下町の商店街。

お客さんは若い女性とは限らないでしょうが、
自分のフェルトにどんな反応をされるのか ナマで聞いてみたいという興味もあって、
好意に甘えて置かせていただくことにしました。



しかし、普段ネット上で販売しているような、
数千円の野鳥や数万円のウサギは いきなり売れないんじゃないかな…

何を置こうか考えて、
ふと思い当たったのが…




当ブログ、数少ない親愛なるリピーター様ならご存知でしょうが、
先日、
「私とフェルト、どっちが大切なの?」という小説めいた駄文を掲載いたしました。見ます?→★

その折に
「フィクションだけど、リアリティーを持たせるために
 それっぽい画像を添えてみようっと!」というノリで、

作中に登場する小鳥のストラップをちょちょっと作ってみたのでした。

こ奴です。
024_convert_20111202223854.jpg
(我ながら芸が細かい…というかムダなことに労力割き過ぎだろ。)




あ、これなら商店街にふらっと来た人でも
手に取ってもらえる(そして購入!)んじゃないかな?
ともくろみ、

10羽ほど作ってみたのでした。
014_convert_20111202224222.jpg

鈴とナスカンを付けて、これがストラップ仕様というものか…。

二重マルカンが爪に食い込むとすんごい痛いですね!





そんなことも初めて知り、
さて迎えた一日カフェのオープンです。

会計横の目立つところに置いてもらいました。
一応、野鳥と兎も少しディスプレイして作家的なところも弱々しくアピール。

知人の女の子が入れてくれたコーヒーをちびちびと啜りつつ、
カウンターに腰かけてお客さんの様子を密かに窺っておりました。
(今、振り返るとイヤらしい奴…)




で、結果ですが

一個も売れませんでした!

へ~という感じでチラ見してくれる人もいましたけど
チラ見でした本当に。

ウサギに関しては
暴徒と化した2歳児の群れに襲われ
持ってきたことをちょっと後悔しました…ごめんな8号。



自分にはマスコット作家は向いてない!とわかりました。
少なくとも、「売れる」マスコット作家は無理です。




【まったく個人的な見解による、マスコット作家断念の理由】

①同じものが作れない 
↑これができている作家さんは本当にすごいと思いました

②収益性が低く感じる 
(イベントなどで、「顔を売る、名前を覚えてもらえる」方法としては良いと思います)
  

③在庫管理が好きではない

※以上、自分の個人的な所感ですので
他の方に適用するものではございませぬ


・・・・

それでもスペースを作ってくれたSちゃんありがとう。
いい勉強になりました。




マスコットに必要なのは、
小さな小さな世界に、凝縮した価値観を表現できるパワーなのか。
「小さくて強烈なカワイさ」とでもいうか…

自分の目指したいのはは
「自然さ、リアルさ」かと思うし。

(わ~なんかカタい文章になってしまってスミマセン)


それに、
「羊毛フェルトの表現方法を多様化して、
 今まで興味のなかった人にも魅力を伝えたい」という気持ちがあります。





ちょっと長くなりますけど、
ついでに言いたい事をかいてしまいます!





今回の
「クラフトカフェ」の羊毛フェルトコンテストも、
テーマは「マスコット」ですよね?

ますます、
羊毛フェルト=小さくてカワイイという図式が固定化されていきそうで

自分では大いに不満です。




フェルトの世界を、手芸から工芸、
そしてアートへ広げていくためにはこれじゃイカンのではないですか?

ハマナカさんのコンテストのところでも少し書きましたが。

フェルトはもっと色んな可能性があるはず…




長々と、つまらぬ愚痴を申しまして失礼しました。
いつも読んでくださる方には感謝します。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2011/12/02(金) 23:13:23|
  2. ストラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<いったい、何度「ウソ」で引っ張れば気が済むの? | ホーム | マスコット作家になれない、残念な人の3つの理由~前篇>>

コメント

そうです。全く仰るとおり。

フェルトの表現力はすばらしく、アートの素材としての可能性にあふれています。

 どうぞ自分の道をお進み下さい。

 そう言う私は、オーダー主やカルチャーの生徒さんの意向を無視できず、いろんなものを作っていますが。

 私の目標は、作品を見て、その動物が生きている環境や生き様を連想させる生きた作品作りです。
  1. 2011/12/03(土) 00:31:48 |
  2. URL |
  3. 真心職人 #-
  4. [ 編集 ]

やはり会わないほうがいいのですね?(笑)

ヘイフェスで、うちの子チェックして下さるそうでありがとうございます♪
当日、駆け足で忙しいのでしたら、ヘイフェスのパネル展示は、
ホームページのおもしろいで賞にエントリーしてるうさぎさん達ですので、
そこからなら、ゆっくり、うちの子、見てもらう事もできます!
よければ、開催前に見てやってくださいね^^№は同じです。

侍さんの言う通り、フェルトの可能性は 色々あると思います。小さくてかわいいだけが、羊毛フェルトじゃないぞ!と私も思います。
  1. 2011/12/03(土) 02:38:23 |
  2. URL |
  3. もかぽこ #-
  4. [ 編集 ]

こんにちはフェルト侍さん!
今日の侍トーク、グッドです!

羊毛界を揺るがすような、勇気あるメッセージ、スカッとしました!

99人を敵に回す覚悟ですか!(笑)
いや、侍さんは愛される人です、大丈夫でしょう…

それにしても代弁ありがとう!と叫んでいる人がちらほらいたのでは…
間違いなく私は共感しすぎて、この勢いをどこに向ける所もなく喜んでいます!
面白い記事と交互に侍魂をもっと語って下さい!

ここまで言っちゃったらやるしかないですね!!


  1. 2011/12/03(土) 12:49:26 |
  2. URL |
  3. ha-ko #-
  4. [ 編集 ]

>真心職人さん

これは職人殿、久しゅうございますな。
日本酒のおいしい季節ですね…いい店のご紹介ありがとうございました。
大国町に行く際には立ち寄ってみます。

>どうぞ自分の道をお進み下さい。

…というほど自分の道が確立できていないのが未熟なところです(笑)
リアル系を目指しつつも、前列も次列も3列も省略しちゃってますし。

まずは数をこなして、方向性を模索していきます。
ひとつ曲がり角 ひとつ間違えて 迷い道クネクネです。

  1. 2011/12/05(月) 21:19:06 |
  2. URL |
  3. フェルト侍 #-
  4. [ 編集 ]

>もかぽこさん

ホームページのおもしろいで賞、ついつい一枚ずつ見入ってしまい
68番、探しきれませんでした…。スイマセン。
フォト蔵ってナンバー順に並んでないんですね~
でも当日見つけますから!

ヤフオク全落札、良かったですね!
しかし開始価格は本当に悩ましいところです…。
  1. 2011/12/05(月) 21:48:21 |
  2. URL |
  3. フェルト侍 #-
  4. [ 編集 ]

>ha-koさん

そんなにアグレッシブな記事でしたかね…?
(それより「安西監督」がわかってもらえたかが気になります)

まあ別に全員に愛される必要はないと思っています。
売れればそれでいいんです(笑)!

ha-koさんはご自身の記事で、
自分の作品に囲まれる幸せというようにおっしゃってましたが、
今の自分は逆で、
「年度末に在庫を抱えている」状況がなんかイヤなんですよね…職業病?
  1. 2011/12/05(月) 21:56:17 |
  2. URL |
  3. フェルト侍 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://samuraifelt.blog.fc2.com/tb.php/63-af8afdc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フェルト侍

Author:フェルト侍
・・・ 
羊毛フェルト動物人形制作・
samuraifelt.japan主催者。
結構まともなものを作ってます。でも高い。作品と価格はiichiで公開中。
→★コチラ★

渾身の記事ラインナップ

最新コメント

カテゴリ

作品を売る (54)
手作り品販売サイト一覧 (3)
フィクションです (8)
ブログ (69)
アカネコさん (1)
イカル (1)
インテリア (1)
インコ (3)
ウソ (7)
エナガ (19)
オナガ (1)
キビタキ (3)
コサメビタキ (1)
コマドリ (1)
サムライラビット (2)
シジュウカラ (2)
シメ (1)
ストラップ (5)
ジョウビタキ (2)
セキセイインコ (4)
セグロセキレイ (2)
センダイムシクイ (7)
ネザーランドドワーフ (53)
ハクセキレイ (2)
ハハジマメグロ (6)
プリティ-ピンクちゃん (1)
文鳥 (10)
モズ (1)
メジロ (4)
ヤマガラ (3)
ルリビタキ (12)
Ⅹ’masバード (5)
Ⅹ'masうさぎ (11)
未分類 (1)
にしこくん (1)
パンダ (1)
オオルリ (2)
迷走・暴走系 (2)
身辺雑記 (12)

アマゾンはこちらから

株価ボード(β)

探しています

うさぎのS君のオーダーを依頼されたN様へ こちらのメールアドレスを変更したためか、メールが届かないようです。 お手数ですが、ブログに鍵コメントで結構ですのでご連絡おまちしています

思う存分リンクされるがよい

当ブログはリンクフリー、著作権フリーです。ええ、フリーなんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

AD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。