眠れない夜のための羊毛と閑話

悪徳羊毛作家・フェルト侍のブログです。大っぴらにはできない話を小声で叫ぶためにwebに掘った暗い穴。麦が生えなきゃいいんですが。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

通夜と羊毛フェルト(後編)

昨日の記事を読み返してみて、
あまりに個人的な内容なので
こりゃー削除したほうがいいかな…とも思ったんですが
やっぱり続きも書いてしまいます。

書かないとモヤモヤしそうですから・・・

自分なりのKへの追悼の意味もあるのかもしれません。

たまたま巻き込まれてしまった読者の方はお気の毒ですが
諦めてお付き合い下さると嬉しいです。

11046804_1027565160609877_4798030637232722189_n.jpg

画像が一切ないのもシンドいですから
最近作ったメジロなど。
(※管理人は自称羊毛作家です)




・・・それで、前編からの続きです。

旧友が亡くなり、通夜に行ったんですけれども

彼は(ここではkとしています)急な心臓発作で亡くなったんですが、
遺族の方に取り乱した様子がなくて
「しょうがなかった」みたいな、
なんだか諦めた雰囲気だったんですよね…

「でも突然のことで驚かれたでしょう」と声をかけましたら
「それはそうなんですけど・・・
 でもこうなることは予想していたフシもあるんです」
・・・こう仰るわけです。


え?
kは死ぬにはまだ若いと思うし、突然だったじゃないですか…

通夜の席であれこれ聞くのは失礼だと思いつつも
誰かに聞いて欲しくて、というご遺族がおられ
少し伺うことにしました。



断片的に聞いた話をつなぎ合わせると

kは結局、かなり荒れた生活を送っていたようなのです。

①会社経営のプレッシャー

②超人的とも言える長時間勤務

③憂さを晴らすための毎夜の大量飲酒

①に戻る

この数年は毎日この繰り返しだったようです。

身体の様子がおかしいことは傍から見て取れるほどで、
近しい誰もが「一度病院で見てもらえ」と言っていたんだそうです。

ですが、家族の必死の懇願にも関わらず
kは頑として、診察を受けなかった。

(この辺の頑なさは、生前のkを知るものとしては容易に想像できます・・・
 病院に行くヒマがあったら現場に行く、とか
 オレが抜けたら他に迷惑かかるんやから、などと考えていたのでしょう)

家族の方は、いっそ倒れて入院でもしてくれたら、、
kもやっと自分の身体を省みてくれるのでは…と思っていたのだそうです。

結局、彼は意識の戻らないまま旅立ってしまいましたので、
自分の身体を省みる時間があったかどうかはわかりませんが…

ご遺族の方が寂しそうに
「あいつはほんまにアホや…」とため息を吐いたのが
耳に残っています。



通夜の帰り、電車の中でそのやり取りを思い出していました。

身体がボロボロになるまで働いて、
更に追い打ちを掛けるように大酒を飲んでいたというK。

診察を嫌がったのは、強制入院を恐れていたのでは、とも聞きました。

相談できる奴はいなかったのでしょうか?

…いや、kは絶対に他人に愚痴を言わない奴でしたから…




一人で抱え込んで、死んでしまったkのことを考えていると、
どうしても

自死

という言葉が浮かんでくるのでした。



kは家業に集中するために、趣味の時間をほとんど捨てていたと思います。

自分のしたいこと好きなことを一切やめてしまうのは
レトリックの上では自分を殺すともいいます。

(お叱りは重々承知の上で書きますが、
 自分自身は自死を必ずしも否定するものではありません。
 死んで解決することも世の中にはあると、
 年を重ねて理解しました)

もちろんkは死にたい、なんて思ってなかったと思います。
ですが気付かないうちに、精神と肉体を限界まで追い詰めてしまったわけで…

・・・

人には寿命があり、
死ぬことはけして悪いことではないですけれど、

生きている間は
楽しいことや気持ちいいこと、
自分と周りが喜ぶことをたくさんした方がいいと思います。

男はタナトスが強いですから、
何か…例えば仕事の成功とか、を
死に物狂いで追い求める生き方に憧れたり
破天荒さが格好いい、としがちですけども
(かつての自分もそうでしたから恥ずかしいのですが)

ほんとうに自分がしたいこと、
やっているとリラックスできて心地いいことを
思い切り楽しんだほうが精神的にはずっといいですから・・・

(じゃあ酒が好きだから酒を飲むのがいいのか、
 というのは間違いです。
 酒とか例えばパチンコは代替行為に過ぎない、ということは
 書くまでもないでしょう)



「仕事は必死でやるな!
 必死でやると『必ず』『死ぬ』!」


…って、前の営業所内でよく言い合ったものです。

今考えると名言ですね。
過労死する人、多いですからね。

男だけの話ではなく、仕事を一生懸命にする真面目な女性の方々も、
本当に気をつけていただきたいと思います。
真面目で一生懸命な人ほど、自分を追い詰めて
それに気付かない人が昨今はあまりにも多いように思います。

もっと自分を楽しませてあげましょうね、皆さん。

それでは長文にお付き合い下さり誠にありがとうございました。
読んでくださった方には心より感謝します。



最後に
kの魂が安らかに眠れますことを。







スポンサーサイト
  1. 2015/07/22(水) 23:27:24|
  2. 身辺雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<テンプレが変だ | ホーム | 通夜と羊毛フェルト(前編)>>

コメント

No title

Kさんのこと、とてもよくわかります(朝からすみません)。

台風が近所にいるのに、海がまだこんなに荒れて波が高く風も強いのに、なぜ、釣れるかどうかわからない漁に出るのか?
ストレスがたまって眠れないといって、何でおいしくもない酒を飲むのか?どうせ飲むならおいしいお酒を飲めばいいのに。

私も旦那がいつ倒れるのか心配です。

だって、年だし。

でも今旦那が死んだら香典がたくさんもらえそうだな。
  1. 2015/07/23(木) 07:01:47 |
  2. URL |
  3. ルゥにゃん #-
  4. [ 編集 ]

読ませていただいてます

羊毛フェルトの記事は減ったけど
フェルト侍さんの語り口が好きで通っております
今日はさすがに読み逃げ出来なかったので、一言だけカキコ…

「仕事は必死でやるな!
 必死でやると『必ず』『死ぬ』!」
肝に命じます

趣味ですら、必死にやってしまいそうな自分がいますが…(^^;)

  1. 2015/07/23(木) 21:15:27 |
  2. URL |
  3. たぬき星人 #ax4px7aw
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/07/23(木) 23:50:35 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: No title

ルゥにゃんさんへ

わかって下さってありがとうございます!
共感してくださる方が一人でもいて下されば、記事を書いて良かったと思えます…

男は死にたがる生き物みたいですから、しょうがないといえばしょうがないのかもしれませんね~
ルゥにゃんさんのようないい女を娶っておきながら、我儘な旦那さんですな!
  1. 2015/07/24(金) 22:42:03 |
  2. URL |
  3. フェルト侍 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 読ませていただいてます

おお、たぬき星人さん!惑星たぬきからはるばるどうもありがとうございます。

そういえば羊毛フェルトの話になってないですね(^o^;)
「ストレス溜まりまくってた時、羊毛フェルトで救われました~♪」とまとめるつもりだったのが
書いているうちに違う方向へ行ってしまいました☆

一応、これからは羊毛フェルトとか創作活動に絡んだネタを書くつもりですので(脱線あり)
またよければ覗きに来て下さい!

※ちなみに「必死でやったら必ず死ぬ!」のルーツは
 その営業所で過去二人ほど突然死してるもので…救いのないオチですみません…


  1. 2015/07/24(金) 22:54:12 |
  2. URL |
  3. フェルト侍 #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

鍵コメ様
ご無沙汰しております!
(ええ、長野でお邪魔したようで…余計なことをペラペラ喋ったんじゃないかと!)

このコメント、鍵付きですか?
興味深いお話をどうもありがとうございます。頷くことばかりです。
kも結局、慣れない&器じゃない業務がすごいプレッシャーだったんだと思うんですよね…
no!と言えない奴は損してばかりです。
自分もかつてはいい人と思われたくてYESマンでした。ストレス溜めてました。
そんな時救ってくれたのは創作活動ですね。間違いないです。
お陰で自信がついたのか、最近はハッキリnoといえる、ある意味傲慢な人間に変貌中です(笑)

ああ、今書いていてなんとなく腑に落ちました。
”自信がない人間は拒否することが怖い”のか…。(自己解決失礼しました)

そんなわけで、相変わらずとりとめのないことを綴っているブログです。
よかったらたまに覗いてやって下さい(あまり見られると恥ずかしいので年に一度くらいで…)。

kに手を合わせて下さりありがとうございます。
本当に不器用な男でした。いい奴でしたよ…。
  1. 2015/07/24(金) 23:33:37 |
  2. URL |
  3. フェルト侍 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://samuraifelt.blog.fc2.com/tb.php/334-8b137df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フェルト侍

Author:フェルト侍
・・・ 
羊毛フェルト動物人形制作・
samuraifelt.japan主催者。
結構まともなものを作ってます。でも高い。作品と価格はiichiで公開中。
→★コチラ★

渾身の記事ラインナップ

最新コメント

カテゴリ

作品を売る (54)
手作り品販売サイト一覧 (3)
フィクションです (8)
ブログ (69)
アカネコさん (1)
イカル (1)
インテリア (1)
インコ (3)
ウソ (7)
エナガ (19)
オナガ (1)
キビタキ (3)
コサメビタキ (1)
コマドリ (1)
サムライラビット (2)
シジュウカラ (2)
シメ (1)
ストラップ (5)
ジョウビタキ (2)
セキセイインコ (4)
セグロセキレイ (2)
センダイムシクイ (7)
ネザーランドドワーフ (53)
ハクセキレイ (2)
ハハジマメグロ (6)
プリティ-ピンクちゃん (1)
文鳥 (10)
モズ (1)
メジロ (4)
ヤマガラ (3)
ルリビタキ (12)
Ⅹ’masバード (5)
Ⅹ'masうさぎ (11)
未分類 (1)
にしこくん (1)
パンダ (1)
オオルリ (2)
迷走・暴走系 (2)
身辺雑記 (12)

アマゾンはこちらから

株価ボード(β)

探しています

うさぎのS君のオーダーを依頼されたN様へ こちらのメールアドレスを変更したためか、メールが届かないようです。 お手数ですが、ブログに鍵コメントで結構ですのでご連絡おまちしています

思う存分リンクされるがよい

当ブログはリンクフリー、著作権フリーです。ええ、フリーなんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

AD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。