眠れない夜のための羊毛と閑話

悪徳羊毛作家・フェルト侍のブログです。大っぴらにはできない話を小声で叫ぶためにwebに掘った暗い穴。麦が生えなきゃいいんですが。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある日、羊男の訪問を受けてしまったら?

極々一部でファンがいるらしい、
フェルト侍の物語(妄想ともいう)シリーズ。




長いのでお茶でも淹れて、マッタリ読んでください。




この記事はフィクションです。実在の人物・
団体等には一部しか関係ありません。


【登場人物紹介】

koride-ru_convert_20120330163952.jpg コリデール:光沢があり万能選手的な毛質が特徴。

メリノ メリノ:羊毛の中で一番の細さを持ち短毛。脂分が多いのが特徴ではある。

imagesCAZ2TTTY.jpg ロムニー:よく縮絨するしっかりした手ごたえのある毛。

1301318369_convert_20120330164853.jpg フェルト侍。あくまでイメージ。



【3月30日】

基本的に、フェルト侍の住処に客人はあまりいません。

たまに、J:comさんが工事に来るぐらいです。

しかしごく稀に、思いもよらぬ珍客の訪問があったりするのです・・・。




ある気持ちのよい3月の夕べ、
フェルト侍が部屋に篭りギャルゲーなどしておりますと、

「ほと、ほと」
と、
引き戸を叩くものがありました。

「チッ、誰だよ…詩織とのデートを邪魔する奴は?」

舌打ちをしつつ引き戸を引くと、
そこには
大柄な羊男が三人、思いつめた表情で突っ立ていました。



(ムラカミハルキ的世界がニガテな方はスルーして下さいます様)



真ん中の、年かさの羊男が口を開きました。

「あんたがフェルト侍さん?
 急に押しかけて悪いね…。
 俺達、あんたに話があったもんでね・・・オーストラリアから来ちまったんだ」

突然とはいえ、羊男が訪ねてきたとあっては
迎えないわけにはいきません。

「そ、そうですか…、と、とりあえず上がってもらいましょうか…」

むろん羊男の訪問なんて初めてですが
なるべく平静を装って部屋に招き入れました。




四畳半の畳の部屋に、
ガタイの大きな三人の羊男と、正坐で向かい合います。
もともと狭い部屋が、一気に息苦しくなります。

年かさの羊男が、紙包みを差し出してきました。
「これ、つまんねえもんだけど、地元の銘菓の“ヒツジ羊羹”だ…」

「あっこれは気を使わせちゃって…どうも。
 いや、あの、話があるなら、きっ、聞きますけど…」 

「そんなに畏まらんでくれ、フェルト侍さん。
 あんたにどうこう言いたいわけじゃねえ。

 前から何とかして、人間さんと話を付けたい…って俺達思っててね…
 こいつが…メリノが(と、斜め後ろの若い羊男を顎でしゃくりました)
 コンピューターなんかが好きなもんでね。

 あんたのブログを見つけて、
 この人に話してみようってことになったのさ。」 
 
 メリノと呼ばれた若い羊男は、
 額に脂を滲ませてコクコクと頷きました。
 小脇には、大事そうにiPadを抱えています。




「話っていうのはこうだ…。
 俺達は、ずっとオーストラリアで羊やってきた・・・。
 ニュージーランドに親戚もいっぱいいる。
 爺さんの爺さんの、そのまた爺さんのもっと昔から、
 人間さん達とはやってきたつもりだ。

 だけどこの頃、どうも俺達と人間さん達、うまくかみ合ってないような気がするんだ。」

 「え・・・それってどうゆう・・・」




その時、もう一人の、ひときわ大きな身体つきの羊男が声を張り上げました。

「そんなまどろっこしい言い方じゃ、
 この人に伝わらねぇよ、コリデール!!

 ハッキリ言やぁいいじゃねえか!!

 ・・・・羊毛の売買価格が、安すぎンだよ!!」

「お前は黙ってろ、ロムニー」年かさの羊男がたしなめます。

「コリデールは口惜しくねえのかよ!!」ますます激昂する縮れ毛の羊男。

「お前も、メリノのパソコンで見ただろ?
 俺達の、俺達の毛が信じられない安い値段で取引されてるんだぜ?
 
 俺達は牧羊犬がいつキレるかビクビクしながら、
 やっと伸びた毛をムリヤリ押さえつけられてバリカンあてられて、
 体張って人間どもにコートを提供してるんだぜ?!

 その結果が、こんなやっすい取引かよ!!
 牧羊業者だって、採算割れで泣いてらぁ!!」

縮れ毛の羊男が大声でまくしたてる勢いに、目を白黒させるフェルト侍。

 「いいか、フェルト侍とやら!
  人間どもは忘れちまった!
  羊毛は安い化学繊維とは違うんだ!
  
  羊は生きてんだ!!
  お前らとおんなじ、血が通ってんだよ!!」

その羊男は、うずくまるとさめざめと泣きだしました。

・・・なんか熱い奴だなぁ。オーストラリアの国民性かなぁ。




その様子を眺めていた、コリデールと呼ばれた羊男が口を開きました、

「騒ぎ立ててスマンね、フェルト侍さん。
 だがロムニーが言ったことは、ある意味本当でね…

 この20年間、やめていく羊飼い達は結構増えてるんだ…
 こんな羊毛が安く扱われてんじゃ、やってけないんだろうな。
 
 …1990年の世界の羊毛生産量は340万トンだった。
 羊毛の比重を知ってても、想像つかねえ量だろ。
 
 だけど、おととしの生産量はどれぐらいだと思う?

 200万トン、3分の2以下さ…。
 ちょっとびっくりするだろ?」

そっ、そうですね…。ていうか、全然考えたことありませんでした。




 「このままじゃ、羊毛産業は廃れちまうかもしれねぇな。
  
  人間さん達とは、8千年、いや一万年の付き合いかもしれねぇって言うのにな…

  …あのよ、フェルト侍さん。
  あんたのブログで、ちょっと人間さんに伝えてほしいんだ。」

いつの間にか、コリデール、メリノ、ロムニーの三人の羊男に
にじり寄られています。なんという圧迫感だ。

 



 「俺達はアタマが悪いから、偉いことは何も言えねぇ。
  たださ、ただ…
  人間さん達が羊毛を売ったり買ったりするときにはさ。
  
  俺達の気持ちっていうか…
  ちょっぴり、考えてほしいんだ。

  あんたが安く買ってるセーターや手袋、
  それからフェルト用の羊毛だって、元々は一匹の羊のものだったんだって事をさ…」


・・・・


ひとしきり話し終えると、三人の羊男は立ち上がりました。

「じゃあ、確かに頼んだぜ…クニに帰るとすらぁ」
泣きはらした目で微笑む、熱い羊男ロムニー。

どこからか、霧のような煙のような白いスモークがモクモクと湧いてきて、
羊男たちはその中に足を踏み入れました。  

そんな、こちらのイエスノーも聞かずに!
と呼びとめる暇もなく、羊男たちの姿は濃い霧の中に消えていきます。

メリノと呼ばれていた若い羊男が、
こちらを振り返りながら、何度もペコペコと頭を下げているのがボンヤリと見えました。
君ら、オーストラリア育ちのくせになんでそんなOjigiが上手いんだ…。


・・・・


そんなわけで、
こうしてブログ記事にしておきます。

セーターなんてバーゲンで買って、
古くなったら捨てようと思ってましたが
ちょっと改めようと思いました。

それにニードルフェルティングのテクニックがあれば、
虫食いの穴だって自分で修繕できますもんね。




羊男が今度訪ねてきたら、
sakeでも出そうと思っています。
              <おわり>
                  参考文献:ヒツジパレット2012京都 公式カタログ
                           クリエイティブフェルト協会 サンプルフェルト・プロジェクト


にほんブログ村 その他日記ブログ 妄想へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 匠・職人日記へ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ

スポンサーサイト
  1. 2012/03/30(金) 19:32:31|
  2. フィクションです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

2012版・失敗しないハンドメイド品売買サイトの選び方

今朝はカラスの鳴き声で目が覚めました。

自宅のある兵庫県南部某所、
上空には30羽…いや、50羽はいました。

ギャア!ギャア~!!と激しく鳴きわめくカラスさん達。

なんかあるんですかね?
彼らも年度末はテンパるのでしょうか。




本日もテンパり気味でお届けして参ります、
「フェルトで稼ぐ!」がテーマの、フェルト侍のブログです。



「ハンドメイド専門サイト戦国時代!!
 自己満足にならないための“賢いサイト選び”とは?」


今回はサイトについてお話しします。
(長文は覚悟してください。相変わらず短くまとめることが苦手です…スミマセン)


・・・・


ほんとに増えましたね~、
ハンドメイド品専門売買サイト。(以下「売買サイト」と略)

今少なくとも10サイトくらいはあるのではないでしょうか。
よく利用する「ユザワヤ」も、作家間マーケット部門を立ち上げたようです。

作る側」にとっては、趣味としてただ楽しんでいたものを
売る」となると、けっこう勇気がいると思うんですよ。
値段もオークションと違って、自分で決めなきゃいけないし。



そこを、
「エイッ!!」と勇気を振り絞って売買サイトに登録するわけですから
売る以上は、評価してくれる人、買ってくれる人と会いたいですよね?

ならば、
そんなファンと出会う可能性の高いサイトに登録した方がいいわけで。

そのサイトの条件とは2つ。



①ハンドメイドをしない人が見る

②海外販売をしている




①については、もう繰り返し過ぎてクチが甘酸っぱくなっていますが、
趣味のやりとりならともかく、
「まじで」売っていきたいなら、
ハンドメイドに興味のない、しかしその対象には興味のある人々
ファンになってもらうのが大切…と話してきました。

野鳥やエアデールテリアを例にあげてお話ししましたよね?

金魚大好き女子大生」と「ウミウシマニア」のお二人にも登場して頂きましたよね?
過去記事はこちら →★

ハンドメイド好きしかアクセスしないサイトに登録しても、
コアなファンは掴めないんです!!
(言い切った…ちょっとドキドキします)




②については、もっとも重要な事だと自分では思っています。

日本のフェルターのレベルは本当に本当に高いです!!!

ただ、皆さんシャイなせいでアピールチャンスを逃しちゃっているように思います。

日本のモノづくりのスゴさを発信するためにも、
海外の人に知ってもらうのは大切です。
(これからは特に、
 上海や台湾など、中国の新興都市の人に知ってもらう事が大切かと)




だいたい「フェルト侍」という命名にしても、
海外から検索されやすいという理由が大きいです。
(「felt geisya」とどちらにするか迷いました)

おかげで、
行ったこともないマサチューセッツの人に褒められたりしました。

Thank you, Sydne! 日本びいきの人みたいです →★
そして自作の英文のスペルミスを知りましたが…

あと、Pinterestにもsamuraifeltで載ってます。興味のある方は探してみて下さい →★

日本の文化に興味がある外国人の層って、
われわれが思っているより、
ずっと深くて広くて濃いようです。

mezon.jpg 
「めぞん一刻」のコス。これは再現性高いな~



ちょっと話がズレたようですが

とにかく、海外展開しているかどうかは
サイト選びに必要なポイントだと自分は思います。

※フェイスブックに関しては今回は触れません
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ

あと、参考程度に聞いて頂ければいいんですけど
バナーの中に「運営企業」をきちんと説明しているサイトがいいと思います。
だって売買サイトを選ぶという事は、
「あなたの作品をあなたの代わりに売って来るよ!」という
ある意味パートナーなわけですよ。
運営会社をちゃんと書いていない、ドコの馬の骨とも知れぬサイトを
パートナーにするのは不安な気がします。

あまりこうゆう事は言いたくないのですが
“今、時代は手作りがトレンドらしい”と聞いて
じゃ~うちも販売戦略としてそうすべ、みたいな
オッサン連中が腐るほどいます。腐って糸を引いてます。
彼らは既存のSNSのノウハウににお手軽に「手作り」をのっけて、
登録料だけで利益を得ることができるのです。
末端のデザイナーさんやSEは一生懸命やってますから
センスのいいサイトに仕上がるのは当然です

サイトの雰囲気で直感で決めるのもいいかもしれません。
しかしフェルト侍のブログは正直さが身上です。
正直に言って、現在乱立しているサイトは玉石混合かと。
運営会社に、手作りを愛するハートが宿っているかどうか
どんな世界を目指そうとしている会社なのか。
あなたの代わりに、あなたの名前を売るんですから
あなたが心から信頼できる所を選んでくださいね。

つい言い過ぎたかもしれませんが許してください。
最後にどうしても言っておきたかったのです。
ご意見ご感想、お待ちしております
               2012年3月29日 フェルト侍 拝
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
  1. 2012/03/29(木) 22:55:28|
  2. 作品を売る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

口先だけじゃなくってさ・・・

最近知って、激しく同意したプロジェクトを紹介したいと思います。

「浜のミサンガ 環(たまき)」

img_top_main_convert_20120329012833.png

働き者の三陸の女たちが立ち上がった!!

「泣いてる場合じゃねえべ!手仕事さすっぺ!!」(誰かフェルト侍に方言指導お願いします)

漁に使われる網を染め上げ、お洒落なミサンガに。
販売価格1100円の内、700円が制作者=被災された方の収入になるとのこと。

三陸に仕事を!プロジェクト実行委員会のホームページはこちら →★




「手仕事が収入になる」=「希望を失わないでいられる」

自分がブログでずっと言い続けているのは、こう言う事なんです…。




早速、 「さくらなでしこバージョン」を注文しました!
ピンクで春らしいです。

001000000004_1_thumb.jpg

ショップはこちらからも →★

太いのと細いの、2本セットになってますので、
ご夫婦や親子でお揃いにするもいいですね!

(べっ別に一人で2本付けててもいいですよね?)

三陸のお母さん方、到着を楽しみにしております!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
  1. 2012/03/29(木) 01:30:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

話していいですか?今後の展開について

羊毛フェルトカテゴリーの「注目記事ランキング」に、
イカリスーパー芦屋店ネタが10位以内に入っていて、
軽く驚いたフェルト侍です。

自分はたまに三宮店でシュークリーム買ったりしてます。
ここのはカスタードが濃い気がしますね。

IKARIのデザートコーナーで佇んでいる、
ちょっとイケメン風の人がいたらそれは自分かも



もうそんな話はいいですね!
羊毛フェルトで稼ぐ!がテーマのブログですよっ、と。




昨年秋よりスタートしましたこのブログ。

ハンドメイドで収入を得るための方法を、
羊毛フェルトいちねんせいである自分の試行錯誤とともにお送りして参りました。




自分自身サラリーマンなもので、副収入を得るノウハウには興味があったのです。

ブログで記事にすることで
皆さんと体験とか実感とかを分かち合いたいと考えていたのですが

想像以上に、たくさんの方に見ていただき、励ましをもらいました。
本当に感謝しています。



結果的に、
販売をスタートした2011年10月以来、
10万円を越える収入になりました。
(すいませんあとでちゃんと計算します)

全くの羊毛フェルト素人だったことを考えると、
控え目に申し上げても、コストパフォーマンスはいいんじゃないかと(笑




まあ本来の目標である
「手仕事で家族を養う」額にはホド遠いんですが

それでも、以前からハンドメイド市場に感じていたもどかしさ…
「売り方さえ工夫すれば、手作り品はもっと高収益になれる!」
という事を、少しは問題提起できたのではないかと思っています。




羊毛フェルトをチクチクしているみなさん!

ハンドメイドに携わっているすべての方!!




あなたのしていることはスゴイんです!!

ちゃんとお金を産むんです!!

価値ある事なんですよ!!!



・・・・


それで今後の展開ですが

ブログ更新をしない代わりに、制作に打ち込む…という事も考えましたが
ちょっと最近・・・

あの、
言いにくいんですが
「プロデュース的な事をやってみたい…」かなと。書いてて照れますね。

ギタリストとか歌手がプロデューサーになっていくあの流れです(笑




自分では漠然とそんなことを考えていますが
実は4月から職場環境が激変するので、
どうなるかわからないというのが正直なところです。
(考えるだけで冷や汗が出ます…大丈夫か自分。)


ただ、ライフワーク的に、
「誰もがハンドメイドを収入にできる」仕組み作り に
携わっていくでしょう。

ハマっちゃいましたからね、羊毛の世界に…。

868_convert_20120329011700.jpg 溝にハマったあいつ。 

・・・・



前にも書きましたが、
たとえ職を失おうと、住み家を離れることになろうと、幼子を抱えたシングルマザーであろうと、
不安定な不正規雇用者であろうと、後期高齢者と呼ばれようと、

「ハンドメイドで収入を得る道がある!」と思えたら

希望を失わずに済みますよね?




フェルト侍のブログは4月以降、更新されることはありませんが
過去記事が参考になるかもしれません。

ハンドメイドでボロ儲け!濡れ手に粟!
とはいきませんでしたが…(笑)

可能性を探る人へ、少しでもお役に立てば幸いです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
 
次回は「販売サイトの選び方・あなたならどうする?」をお送りします(HAHAさんのマネ)。
  1. 2012/03/29(木) 01:00:00|
  2. 作品を売る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いかりスーパー芦屋店でまさかの衝動買い!!

販売展開について書こう書こうと思いつつ。

リア充なもので(悪い意味で)、
なかなかブログ記事更新に時間が取れません・・・。

3月中には書きますね。
フェルト侍のブログはあと4日でクローズです。

ブログを通じて交流のある、
「真心職人」殿に、
「でも新しい展開を考えてますよね?ブログ必要ですよね」と言われ

さすが職人殿、するどい・・・(汗




羊毛刑事(デカ)、中須堂臣也
「こちら羊毛フェルト事件捜査本部!!~うちのカミさんがね…」

というブログをスタートし
全国から寄せられる、羊毛フェルトへの疑問・難問を
フェルターの皆さんと解決していこうかと

チラリと思いましたが

・・・スイマセン、
ブログは本当に止めますので…。




iichiもそんなに出せないかも知れません。

自分はリアルワールドを優先します。

ある意味、リアルの世界から、ハンドメイドの販売に関わっていく流れになるかと思います。




それでタイトルの件ですが

リアルワールドでは、自分は兵庫県南部に住んでいます。

うちからちょっと行ったところに、
「いかりスーパー」という地元で名の通った高級スーパーがあり

スーパーだけに超スーパーお高いので(なんじゃそら)
自分はあまりそこで買いません。




ところが先日
なんかの用事で行くことがあり

レジの近くで

「こまどりのすずやき」
ハートをワシ掴みにされてしまいました

001_convert_20120327235609.jpg

「きっ貴様・・・拙者が鳥萌えと知っての所業か!!」

ついカッとなって買い物カゴに入れてしまいました。

こまどり製菓のホームページはこちら →★




最近どうも情緒不安定ですね。

落ち着け自分。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




  1. 2012/03/28(水) 00:00:00|
  2. コマドリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

フェルト侍

Author:フェルト侍
・・・ 
羊毛フェルト動物人形制作・
samuraifelt.japan主催者。
結構まともなものを作ってます。でも高い。作品と価格はiichiで公開中。
→★コチラ★

渾身の記事ラインナップ

最新コメント

カテゴリ

作品を売る (54)
手作り品販売サイト一覧 (3)
フィクションです (8)
ブログ (69)
アカネコさん (1)
イカル (1)
インテリア (1)
インコ (3)
ウソ (7)
エナガ (19)
オナガ (1)
キビタキ (3)
コサメビタキ (1)
コマドリ (1)
サムライラビット (2)
シジュウカラ (2)
シメ (1)
ストラップ (5)
ジョウビタキ (2)
セキセイインコ (4)
セグロセキレイ (2)
センダイムシクイ (7)
ネザーランドドワーフ (53)
ハクセキレイ (2)
ハハジマメグロ (6)
プリティ-ピンクちゃん (1)
文鳥 (10)
モズ (1)
メジロ (4)
ヤマガラ (3)
ルリビタキ (12)
Ⅹ’masバード (5)
Ⅹ'masうさぎ (11)
未分類 (1)
にしこくん (1)
パンダ (1)
オオルリ (2)
迷走・暴走系 (2)
身辺雑記 (12)

アマゾンはこちらから

株価ボード(β)

探しています

うさぎのS君のオーダーを依頼されたN様へ こちらのメールアドレスを変更したためか、メールが届かないようです。 お手数ですが、ブログに鍵コメントで結構ですのでご連絡おまちしています

思う存分リンクされるがよい

当ブログはリンクフリー、著作権フリーです。ええ、フリーなんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

AD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。