眠れない夜のための羊毛と閑話

悪徳羊毛作家・フェルト侍のブログです。大っぴらにはできない話を小声で叫ぶためにwebに掘った暗い穴。麦が生えなきゃいいんですが。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

iichiさんと共に歩んだ4年間!

皆さんこんばんは、フェルト侍です。

今夜は告知にやってまいりました!

自分は作品を売るのに、
おもにiichiを利用してるんですが

そのiichiが現在、社運を賭けたキャンペーンを!
(えっ、べつに社運賭けてるわけじゃない?)

14.jpg
「いつもiichi(いいち)をご利用いただき誠にありがとうございます。
おかげさまでiichiはこの7月、サービス開始から4周年を迎えました。

日頃の感謝の気持ちを込めて、今回iichiでのお買い物にご利用いただける
10%割引券をご用意いたしました。」



いうわけで、
ご新規の方も以前からの会員も、
10%OFF!になるそうですよ。
よっこの太っ腹!

当方も売る側として、この機会を活かそうと
うさぎさんを出しましたらば、怒涛のごとく売れていきましたですよ。

このブログの読者はどちらかと言えば売る側の方が多いようなんで
声を大にして言いますが

今月は売れまっせ!!
出品しなはれ!
チャンスロスあきまへんで!!


iichiに登録されてる方は、踏ん張って出品しましょう。
自分ももう少し出せるよう頑張ろうと思ってます。



それにしても、もう4年ですか…

早いものですね…
何もかもが、皆懐かしい…(納谷悟朗の声でお願いします)

samuraifeltとして登録したのが2011年10月でしたから、
自分の販売者としての歩みは、iichiと共にあったという気がするのです。

~以下回想シーン~
(年寄りの思い出話は長いですよ!時間ない人はスルーしてください)



それは4年前のなんでもない一日の一コマでした・・・

食いっぱぐれた昼食を取りに、自分は社員食堂に来ていました…

ピーク時間を過ぎた社食は閑散としていて、
おばちゃんのよそってくれた肉の見当たらない皿うどんをトレイに載せ、
ひっそりと隅の席に腰をおろしました。

窓の外はいつもと同じ、四角く切り取られた白っぽい空…
桟には埃と干からびた虫の死骸…
なんの感興もなく、手にした日経新聞を開きます。

(うっかり誰かが話しかけてくるとか、
最悪の場合は隣に座ってくるといった事故を防ぐため、
社食では新聞に集中しているポーズで食事を摂ることにしているのです)

興味のある見出しだけをぼんやり眼で追っていて、
ふと
目についた小さい記事がありました。

広告代理店の博報堂が
ネットでのハンドメイド売買サービスを始めるというような内容でした。

ネットとハンドメイド・・・ねぇ。
妙な取り合わせがなんとなく気になって、
「イイチ」というそのサービスの名前を、頭にインプットしました

その変な名前のサイトが、
自分の人生を大きく変えることになるなんて
その時はまったく気付いていなかったのです…




~以上回想シーンおわり~


で、新聞記事で初めて眼にしてから
実際登録するまで数ヶ月くらいでしたかね。

とにかくiichiは!

最初っから売れて売れて、びっくりしたのです。

素人の作品がこんな売れていいの?
って、最初はビビリましたよ…

値段が安すぎるかも、と
途中で高額設定にしましたけど、
それでも売れる。

このブログには
「iichi 売れない」などの検索ワードで来られる方が多いようなんですが、
皆さん悩んでおられる中、なんとイヤらしいやつだとお思いでしょうが
売れないと思ったことはないです。(断言)

これはひとえにiichiの客層と、
うちの作品の方向性との合致、です。
ガッチリ合致。ガッチガチに合致してます。

「自分の作風」「客の年齢層・志向性」、
これですよ。

いまは売買サイト戦国時代で、iichiの他にも大手だとクリーマとか
飛ぶ鳥を落とす勢いのミンネだとかありますけども、
自分には他社の(若い)ノリにはついていけなくて…当分iichi一本で行こうかと。

ジャンプ風に言うと
「フェルト侍先生の作品が買えるのは、iichiだけ!!」
みたいな。

しかしですね
自分の作品がこうして売れるようになったのは
すべては、
iichiのスタッフの方一人ひとりが、
ハード面からソフト面から、
大きな決断から細部のメンテナンスから、
影となり日向となって、
コツコツとゼロから構築してくれたこのシステムのお陰なのです。

いつか機会があれば、心から感謝していると言いたいですね。
一緒に4周年をお祝いできることが単純に嬉しいと。



スタッフも、出品してる作家も、志のあるいいサイトですよ…本当に。
10%OFFキャンペーン、お見逃しなく。
http://www.iichi.com/

今月の出品分はすぐ売れてしまいましたががんばって又今月中に出します…
DSC03074 - コピー

ではでは!
スポンサーサイト
  1. 2015/07/04(土) 01:30:22|
  2. 作品を売る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

にほんブログ村はもういいかな…って思った話

皆様こんばんは、
昨夜に引き続き更新です。

このやる気のわけは

iichiにアップしたばかりの
「うさぎ・ブラックオター(税込み20,000円)」が
即売したからです!

DSC03046 (2)

今回はじめて、
うさぎ一羽に20kとゆー
思い切った値段設定にしてみたのですが…

今までさんざん、
「ハンドメイド作品を売るなら高く売れ!!」
人様を煽って来ましたが
やはり高額設定となるとドキドキするなぁ・・・

などとクチビルを乾かせつつ出品したところ、
すぐに注文が入り思わずガッツポーズの管理人でした。
やっと米が買える…5キロの…

でっ、そのイキオイで今宵もブログを進めてまいりたいと思います。



報告事項がもう一件。

えーと、
まぁどうでもいいようなことなんですが

「にほんブログ村」の登録を抹消しました。

この数ヶ月、記事にバナーを貼るのも止めてましたし
ほとんど退会したみたいなものでしたけど、
抹消して少しスッキリしました。



以前はずいぶんお世話になりました!

羊毛フェルトを初めて間もなかった頃、
「羊毛フェルトカテゴリー」で知り合った方々に

植毛のコツやら、染めtakeさんは安いやら

実に色々教えていただき

なんでみんなこんなに親切なんだ!

一銭にもならないのに!


驚天したものでした。

(自分は金にならない親切なんてしませんね。ええ。)

当時の羊毛フェルトカテゴリーは登録人数が500人も無かったんですよね…



あのころから羊毛カテにいらっしゃる皆様、
もしいまだ見ておいででしたら、ひとことお礼を言わせて下さい。

本当にありがとうございました。

あなたの応援がなければ、今の自分はなかったと
本当に思ってます。

励ましてくださったことを身に刻み込んで、生きていこうと思います。

いつかどこかで

「愛羅武羊毛かてごりぃ」という刺青を
肩に彫った奴を見かけたら
それがフェルト侍ですから!



にほんブログ村は退会しましたが
当ブログに特に変わりはない…と思います。

何かあればご一報下さい!
「不便だろうがこの野郎」とか。

最後にもう1枚、ウサギ写真でも見ていって下さい。ではでは。
DSC03059.jpg





  1. 2015/06/18(木) 22:49:31|
  2. 作品を売る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハンドメイドで収入を得たいあなたへお役立ち情報

皆様こんばんは。

「やっと去ったか?」と思わせておいて
不意打ちで戻って来るという
今年の冬将軍のようなブロガー・フェルト侍です。(なげーよ)

実に久しぶりのブログの更新です。
気がついたら二ヶ月たってしまったという。
そりゃースポンサー広告も出るでしょう。

皆様、お元気でしたでしょうか。

自分の方はですね
冬場収まっていたかに見えた持病が
最近ぶり返してきたみたいで、
ちょっと気がかりではあります。

またブテナロックのお世話になるのかと考えると憂鬱です。
それ以外はまぁ元気です。

さて
末端羊毛作家・フェルト侍、
この頃ははもっぱら、
作品の発表の場をフェイスブックに移しております。

↓ちなみに最近の作品はこんなのです
it-550ed94c3a5f7-640.jpg
作品名「箱の中でおやすみ」税込み15,000円

ブログという手段はどちらかというと、
長くクドクド書きたいときに向いているかと。

シリーズ「羊毛で稼ぐ!」を執筆(ええ、執筆ですよ…しっぴつ!)
する折はブログ、という風に使いわけようかと思っております。

当ブログには
「ハンドメイド 売れる iichi」といった検索ワードで
お越しくださる方々がひっっじょおおおおおおおおぅに多いので、
なにかお役に立てるようなことを書きたいと常々考えているのですが

最近はなんですな~、
一般的なメディアにもこういった情報は見受けられるようになりましたね。

”子育て中のお母さん!ハンドメイドで稼ごう
主要プラットフォームを徹底チェック!”
東洋経済オンライン 2015/4/8

(↑リンク切れてますかね?)

ほんの数年前までは、
ハンドメイドで稼ぐハウツー情報はあまり露出していなくて、
自分のような者でも、
「何か書くことに意義があるかもなぁ」
などと思っていましたが。

その意義が薄れてきた昨今、
ブログ更新へのモチベーションも下がってきたのかもしれません。

そんなわけで今回のタイトル、
「ハンドメイドで収入を得たいあなたへお役立ち情報」
とは
東洋経済オンラインさんの記事でした
というオチ…。


・・・・
・・・・
・・・・しばかれますね!

イカン、
何かオリジナルなネタを出さないと。

えーとえーと

ハンドメイドで真摯に売り上げを追求する貴方へ。

貴方に質問です。

「なぜ、あなたはご自分の作品を売るのですか?」



あなた「…収入のためです。」

…ええ、自分もそうですけど。



いや、もう少し質問の方向を変えますね。
聞きたいのは

「あなたがご自分の作品を販売する
 意味とは何ですか?」


「何のために、作品を売っているんですか?」

・・・・けっ、けっして
ケンカを売ってるわけじゃないんですよ!

ご自身の販売活動の意義や目的を
明確にしておくことは大事なんですよーと言いたい。

「作品を売ることによって、
実現したいことや、
変えたいことってなんですか?」


「例えば、あなたの思い描く理想のビジョンがあるとして。
それを実現するために、
あなたの作品はどう役に立ちますか?」

もっといってみよう

「あなたの作品が販売されることで
 世界にどう役に立ちますか?」

・・・・。

「理想とかビジョンとか世界とか、
 綺麗事を並べられても困ります!」

…と詰め寄られそうですね。

ですがしかし
この
「何のために売っているのか」
が把握できていないと
あとあとしんどいのですよ。


自分は確かに売るための細かいテクニックとか
小技マーケティングとかやってますけども、
何より大事なこの「答え」が
自分の中心にぶっとく刺さっているからこそ、
ガツガツ走って来れたかなと。


まぁ確かに絵空事を並べたような書き方ですので
機会を見てもう少し具体的にお話しますね。

ネタをよく練っておきますので、
どうぞご自身の「解答」を
ココロのメモ帳に書き記しておいて下さればと思います。

真剣に販売を追求する皆様と、
これからも疾走していけますよう、
自分ももいっかい確認しておきます…( ..)φ



ではまた深夜にお会いしましょう!
深夜ゆえの陶酔感ってすばらしいですよね!

フェルト侍 拝







  1. 2015/04/10(金) 00:09:56|
  2. 作品を売る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

意外とみんなやってない?太客が掴めるちょっとしたコツのコツ

皆様こんばんは、自称羊毛作家・フェルト侍です。

【シリーズ・作品を売る】、四夜連続でお送りしております。

前々日、
自作をもっと売りたいならsnsはやっておくべき!とお話しましたが
その理由とメリットを今日はもう少し詳しく書きますね。



管理人フェルト侍がフェイスブック(以下FB)を始めたのは約一年前、
2013年1月で、世間の盛り上がりから見るとちょっと遅いデビューです。

暴露しますが
フェルト侍はこういった新しいITシステムの導入が泣くほど苦手なのです。
今でもfbを使いこなせてるとは決して言えません。
当ブログをご覧の情報強者の方々には鼻で笑われていることでしょう…うぅ。

ですが、そんなお粗末なレベルでも実際にやってみたら、
思わぬ収穫がありました。


【FBによってもたらされたこの一年での変化】

  ①購入者が増えた

  ②問い合わせが増えた

  ③海外のファンが増えた



この中で、特に強調したいのはです。

②と③は実はリンクしてて、
要は「海外からの問い合わせが結構あってビックリした」んです。

なんて読むのかよくわからない、アルファベットの名前で
FBの受信箱に次々とメッセージがやってきました。

毛唐の奴らからのメールです。へっぽこ侍はビビリました。

だけど恐る恐る読んでみました。
そして思ったのです。
「これは…めっちゃチャンスなんでは?Σ(´Д` )」

(前々回の記事で「美味しいネタ」と引っ張ったのはこの話につながるんですよ)

どんな内容だったか具体的に書きますね。

●「羊毛ウサギが欲しい。うちで飼っているウサギに似せてオーダーはできないか」from Hongkong
●「あなたの作品を見て良いと思った。たくさん買うのでディスカウントしてくれないか」from Vancouver
●「私はインコが好きなのでカラフルなインコを注文したい」from Johannesburg


・・・などなど。まぁ結局、
オーダーやってないしディスカウントできるほど作品の数もないし、鳥は野鳥しか作ってないしで
一人ひとり丁重にお断りしたのですが、
「これ全部受けてたら、かなりの太客が掴めたな~」と思いました…

どういうことかというと

もしあなたがうさぎのオーダーをやっていて、香港からの話を引き受けたら
香港のうさ飼いさん達から一斉に注目されるでしょう。
うさ飼いさんのネットワークを通じて、香港から台湾、ことによると
中国全土へも、あなたの羊毛うさぎが広まる可能性が出てきます。

またカナダからの話ですと、
作品の在庫を持っていたら対応できますよね。
カナダはニードルフェルティングはまだまだ知られていないようです。
その未開の地に上陸できるのがあなたの作品だとしたら…

そしてヨハネスブルグからの問い合せ。
この人はFBのつながりを見ると、インコを通じて世界中に友達がいる模様。
インコスキーは世界各地に点在しますもんね。

1621930_669257319780063_877097950_n.jpg
lovers parrotsさんより。世界のインコスキーによるインコlove画像が満載です

もしあなたがインコを作れるなら、もしこの注文主の依頼に応えたなら。
それを喜んだ注文主がsnsで発信したら…
それを見た世界中の愛鳥家のうち1%の人が「私も作って欲しい!」と熱望したとしたら…

そうイメージしていくと、
めちゃめちゃ可能性ひろがりますよね。

ところが現実派のあなた。
「そんな、ユメみたいなことを…」と思ってますか?

わかんないですよ~!

これから5年後、世界がどうなっているか誰にもわかりません!

ですがこれから5年後、自分がどうなっているかは自分の行動にかかってますからね!

(ここで5年前のご自分を思い出してみてください…
 
 ~回想タイム~
 MB900426560.jpg
 2009年、何をしてたっけ…

 …あの頃の感じたこと、決めたことが今につながってることってないですか?)


さて、snsをうまく利用すれば、
無理だと思っていたことでも意外とスンナリいった,
というのは既によくある話です。

やってみて自分には合わないわと思ったら手放せばいいですし
ツール(道具)は試してナンボです。

ぜひトライしてみてください。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

・・・おっと、ここで終わってどうする!!


「フェイスブックなんてとっくの昔からやってるわよ!何よ!」って方。
そういった方にお伝えしたかったことがあるんです!!

長くなり過ぎなので大慌てで書きますが
これがもっと言いたかったこと…意外とみんなやってないんですけど

「英語も書いてますか?」

自分のへっぽこフェイスブックでも、海外からの問い合わせが来るのは
作品の画像にへっぽこ英文を添付してるから、というのもあるようです。

なに、大した英語じゃございません。
「I made this today.」とかそんなモンです。

ちょっと長くなると無料翻訳サイトで怪しい英文を作ったりと、
ほんと大したことではないんですが、
一文付け足すだけで海外からのアクセスがグッと伸びます。

ご自分の作品をアップされるなら、英文をちょこっと加えてみてください。
white bird とか、名詞を載っけるだけでも全然違います。

62329_718884181477978_552624494_n.jpg
samuraifelt.japanのフェイスブックをリンクして晒します→★
「な~んだ、この程度のレベルでOKなのね!」と安堵されることでしょう


英文をプラスするのは、作品を売りたい方だけじゃなく
まったく趣味で、という方も、
ハンドメイドの作り手ならやってみて欲しいです。

ニードルフェルティングは羊がいる国ならどこにでもある技法ですが
日本ほど高い技術をもった作家がひしめいている国を自分は他に知りません。

日本人のモノづくりは素晴らしいって言うけど、
それは町工場とか伝統工芸だけじゃなくって、
日本は、無名の一般人でも、こんなに丁寧で仕事が細かくて、手仕事の輝きに満ち溢れている、心のこもったあたたかい作品を毎日毎日呼吸するように生み出しているんだよってことを、もっと気軽に海外に向けて発信してほしいんです。




最後マキが入ってテンパリすぎだ(´Д`;)

連日更新してきた【シリーズ・「作品を売る」】第四夜が終わり、これで一旦休憩です。
少し時間を置いて、皆さんからいただいた意見も含めて読み返してみてから、
また色々と構想を練って、再開する予定です。

記事に役立てたいと思いますので皆さんの質問、感想、好きなパンなど、お気軽にコメントください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

  1. 2014/02/18(火) 21:57:36|
  2. 作品を売る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ハマナカさんにコレだけは言っておきたい…

皆様こんばんは、自称羊毛作家・フェルト侍です。

フィンランドのトンテリ選手の一件以来、
「ソチオリンピックにおけるハンドメイド」
がなんだか気になっております。

1907580_727322467300816_160509198_n.jpg
★テレビでも取り上げられた男子ハーフパイプでの一コマ

そしてまた先日、
ハンドメイドとトップアスリートとの意外なマッチングを発見しましたよ。

男子フィギュアのフリー終了後のことです。
羽生結弦選手が海外メディアに囲まれインタビューに答えていたんですが

その手元のペットボトル…

カバーが…これ、ハンドメイドじゃないですか?手編み?!

(残念ながら画像が手元にないのですが
 「羽生結弦 ペットボトルカバー」で検索すると大量にヒット!
 これって有名な話だったんですね~)

こ、これは・・・

ペットボトルカバーを手作りする一大ブームがやってくるんじゃ?

ちょっとドキドキしてきました。
そうだ、ハマナカさんに提案してみよう。

ハマナカさん!

「ペットボトルカバーのキットを大急ぎで作るんだ!!早く!!」

いや、別にハマナカさんじゃなくてもいいんですが。

他に繊維メーカーさんはよく知らなくて…。
“ニードルわたわた”でお世話になってるのでつい名前を挙げてしまいました。
無題
ハマナカ ニードルわたわた 50g
自分はうさぎでも鳥でも、ボディの芯にはコレです。
200gの徳用ドデカパックとか出して欲しい。


ペットボトルカバーのキットは、多分すでに存在するのでしょうが、
もっと初心者向けで、スタイリッシュなキットがあれば
普段ハンドメイドをしない層にも売れるんじゃないかな~。

また、ハンドメイドが得意な人なら
「あなたのスタイルに合ったペットボトルカバーをオーダーメイドで作ります」
というようなスモールビジネスもいい線行きそうな気がします。

どうでしょうね?

「作品を売る」シリーズの谷間の、ちょっとした妄想でした。

(とゆうより、完全に羽生選手とハマコンへののっかり記事ですね…
 我ながらあざとい!あざとすぎる!!)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村
  1. 2014/02/17(月) 22:23:41|
  2. 作品を売る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

フェルト侍

Author:フェルト侍
・・・ 
羊毛フェルト動物人形制作・
samuraifelt.japan主催者。
結構まともなものを作ってます。でも高い。作品と価格はiichiで公開中。
→★コチラ★

渾身の記事ラインナップ

最新コメント

カテゴリ

作品を売る (54)
手作り品販売サイト一覧 (3)
フィクションです (8)
ブログ (69)
アカネコさん (1)
イカル (1)
インテリア (1)
インコ (3)
ウソ (7)
エナガ (19)
オナガ (1)
キビタキ (3)
コサメビタキ (1)
コマドリ (1)
サムライラビット (2)
シジュウカラ (2)
シメ (1)
ストラップ (5)
ジョウビタキ (2)
セキセイインコ (4)
セグロセキレイ (2)
センダイムシクイ (7)
ネザーランドドワーフ (53)
ハクセキレイ (2)
ハハジマメグロ (6)
プリティ-ピンクちゃん (1)
文鳥 (10)
モズ (1)
メジロ (4)
ヤマガラ (3)
ルリビタキ (12)
Ⅹ’masバード (5)
Ⅹ'masうさぎ (11)
未分類 (1)
にしこくん (1)
パンダ (1)
オオルリ (2)
迷走・暴走系 (2)
身辺雑記 (12)

アマゾンはこちらから

株価ボード(β)

探しています

うさぎのS君のオーダーを依頼されたN様へ こちらのメールアドレスを変更したためか、メールが届かないようです。 お手数ですが、ブログに鍵コメントで結構ですのでご連絡おまちしています

思う存分リンクされるがよい

当ブログはリンクフリー、著作権フリーです。ええ、フリーなんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

AD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。